授乳中で薬を飲む時の注意点

授乳中や産後ママの悩み解決のコツ

MENU

授乳中で薬を飲む時の注意点

授乳中で薬を飲む時の注意点についてです。

授乳中のお母さんが最も困るのが、授乳中のお薬ではないでしょうか。

お母さんといえども、どんなに健康管理に気を使っていても、病気になる時はなりますし、事故などもありえます。

そんな時、授乳していたら、どこまでお薬を飲んで良いのか誰しもが頭をよぎることです。

一般的に、絶対に避けないといけないお薬は重度の抗うつ剤や抗がん剤などが挙げられています。

他にも、避けたほうが良いお薬は多数ありますが、大丈夫なお薬も意外と多いと言われています。

妊娠中に比べたら、授乳中の方が飲めるお薬は多いですし、風邪をひいた時に医師から、処方してもらうような一般的なお薬は、私自身も授乳中飲んでいました。

病院にかかっているときは、授乳中ですという事を、しっかりお医者さんに伝えておけば、心配しなくても処方されたお薬は飲むことが可能ですが、一番迷うのは市販薬ですよね。

小さなお子さんがいると、病院へ行くのにお子さんを預けないといけませんし、それができない場合は、連れて行かないといけません。

そうなると、感染症の時期は心配ですし、市販薬でなんとかと考える方も多いでしょう。

市販薬を、授乳中に飲む際に気をつけたいのは、薬剤師さんがいる薬局で相談してから購入するという事です。

薬に詳しくない素人判断での服薬はあまりにリスクが高いので、調剤薬局も行っている薬局で、薬剤師さんに「授乳中ですが服用できますか?」と尋ねると、大体は親切に相談に乗ってくれるはずです。

授乳中のお薬で悩んでいる方は参考にしていただき、薬剤師などの専門家に相談してみてくださいね。

★なるべく薬を飲まないで元気に過ごすには、やはり日頃からバランスが良い食事と適度な運動などを心がけることが大事です。

不規則になりがちな時は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で酵素も活きてる優光泉酵素ドリンクを飲むといいですよ。

代謝アップで免疫力もアップして、腸内改善になるので風邪もひきにくくて便秘改善にも良いです。
公式サイト→九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」