授乳は、何才までしていいの?

授乳中や産後ママの悩み解決のコツ

MENU

授乳は、何才までしていいの?

授乳は、何才までしていいのでしょうか?

よく、授乳中のお母さんが気にしているのが、自分の子供にいつまで授乳をして良いのかということです。

私自身、2人の子供がいて1人目は3歳まで授乳をしました。

その時によく言われたのが、「まだ吸っているの?」「いつおっぱいをやめさせるの?」「何歳まで吸う気なの?」などの、心無い言葉です。

授乳というのは、そもそも赤ちゃんに栄養分を母乳で与えるため。という考え方が、一般的ですが、実はそれだけではありません。

授乳というのは、子供とお母さんのスキンシップの方法でもあり、「心の栄養」でもあるのです。

お母さんのおっぱいを吸うと安心する。
とても幸せな気持ちになる。

このようなお子さんはとても多いはずです。

授乳を何歳まで続けて良いのか。これは、一概に言えることではありません。

1歳で必要なくなるお子さんもいれば、3歳を過ぎても必要だという子もいます。

そして、世界的に言われているのは、「2歳までは授乳を推進する」という話もあります。

何歳まで授乳をするというような常識にとらわれず、お母さんがいつまでお子さんに授乳を続けたいのか。

また、お子さんがいつまで授乳を必要としているのか。

この2点をきちんと踏まえて、お子さんとベストな答えを導き出すのが、「正解」なのだと思います。

ただし、お母さんが薬を飲まないといけないという状況や、仕事上どうしても断乳したいという状態。

もしくは、お子さんがもうおっぱいに関心がないということならば、無理に授乳は続ける必要はありません

悩んでいるお母さんがいましたら、是非参考になさってくださいね。