妊娠線は予防ケアが第一

授乳中や産後ママの悩み解決のコツ

MENU

妊娠線は予防ケアが第一

妊娠線は予防ケアが第一です。

産後に妊娠線はできてしまうとなかなか消えず、妊娠中にきちんとケアをしておけばよかったと後悔する人が多くいます。

また、ケアしていたにもかかわらず、産後気づいたら思わぬところに妊娠線ができていた、という話もよく聞きます。

一般的にはお腹に妊娠線ができるというイメージがありますが、実はお腹以外にも胸や太もも、お尻、二の腕などにもできますし、なんと妊娠中むくみやすいふくらはぎにもできてしまう場合があるのです。

ですから、このように妊娠線のできやすい場所は怠ることなくケアすることと、体重が急激に増えないようにきちんとコントロールすることが妊娠線を作らないコツと言えます。

妊娠線とは、単に皮膚の表面に筋ができるというものではありません。

肌の奥の真皮が断裂することによって生じるものです。

肌表面の表皮は伸びやすいのですが、その下の真皮は急激に伸びることに追いつけません。

そのため、急にお腹が大きくなるとそれについていけずに皮膚の奥深くにある真皮に亀裂を起こしてしまうのです。

体重の増加や胎児の成長などによって皮膚が急激に伸ばされて妊娠線ができるのですが、妊娠中に増えるホルモンによってコラーゲンが減少することも妊娠線が出来てしまう原因のひとつと考えられています。

できてしまった妊娠線は、真皮の断裂を回復できないために完全に消すことは難しいと言われています。

ですから、できないように予防ケアすることがとても大切なのです。

そして、予防ケアのために使う保湿クリームは一般的なボディクリームではあまり効果がありません。

一般的なボディクリームは肌の奥の真皮にまで浸透していかないものがほとんどだからです。

妊娠線予防クリームは肌の表面の保湿にとどまらず、少なくなっている水溶性コラーゲンを真皮まで届くように働きかけてくれますので、くれぐれもきちんと妊娠線ケア専用クリームを選ぶようにしましょう。

ただし、妊娠中は香りに敏感になったり今まで大丈夫だったものが急に合わなくなったりするので、できれば最初はお試し用などを利用して自分に合うか確認することをおすすめします。

産後、できてしまった妊娠線は消し去ることはできませんが、諦めずに気長に保湿ケアをしていくことでかなり薄くすることは可能です。

その際におすすめなのが妊娠線や肉割れ改善専用クリームのノコア口コミで人気でおすすめできます。

私も、お腹に試していますが赤みがかってヒビみたいな妊娠線が薄くなって潤っています。

アトピー肌の人に人気の「みんなの肌潤糖」も、化粧水や美容液などの浸透力を高めてくれますので、入浴時に妊娠線が気になる場所をマッサージして、併用して使うとさらに効果的ですよ。