授乳中の乳腺炎や母乳の詰まりやしこりの改善方法

授乳中や産後ママの悩み解決のコツ

MENU

授乳中の乳腺炎や母乳の詰まりやしこりの改善方法

授乳中の乳腺炎や母乳の詰まりやしこりの改善方法についてです。

赤ちゃんが生まれて、母乳育児を頑張っているお母さんの誰もが経験したことのあるトラブル。
それが、乳腺炎や胸のしこりです。

乳腺炎は、激しい痛みと高熱を伴うもので、一度経験すると恐怖感が芽生えてしまうほど、お母さんにとっては苦痛なものです。
病院に行かないといけないほど悪化する前に、出来るだけ自分自身で出来る予防法や改善策についてお話しますね。

まず、乳腺炎を予防するには、より多くの水分補給が大切です。
この時に補給する水分は、お水やお茶などを指していて、糖分が多く含まれるジュースや清涼飲料水は控えたほうが良いと言われています。

私も甘い果物のみかんを食べ過ぎて胸が張ってたいへんでした。

そして、食生活も大きく影響します。
女性の大好きな糖分を多く含んだケーキなどのスィーツは母乳の天敵です。
生クリームやチョコレート・バター等に含まれる乳脂肪分などは、母乳を詰まらせる乳腺炎になりやすい傾向があるので、避けたほうが良いでしょう。

食事も、パンなどよりもお米を主に食べたほうが好ましいと言われています。
日本人が愛するお米は、母乳の出を良くしてくれる傾向がありますので、小さなおにぎりを幾つか作っておき、お腹がすいたらおやつ代わりに食べるというのも効果的ですね。

それと、乳腺炎や胸のしこりに気をつけるには、授乳の際にまんべんなく両方の乳を与えることが大切です。

授乳をしていると、どうしてもあげやすい方が出てくるものです。
ですが、まんべんなくあげないと母乳が詰まりやすい原因となりますので、交互に同じ量をなるべく与えるようにしてください。

乳腺炎やしこりを解消するには、赤ちゃんの飲み残した母乳は絞って捨てるというのも効果的です。
入浴中にマッサージを行うのも良いでしょう。

これらのことを注意して生活すると、ある程度のトラブルは未然に防ぐことが可能です。
是非、実践されてみて下さいね。

繰り返す乳腺炎の悩み解消に役立つハーブティーもあります。
試してみてください。