授乳中の食事の注意点

授乳中や産後ママの悩み解決のコツ

MENU

授乳中の食事の注意点

授乳中の食事の注意点についてです。

よく、授乳しているお母さん同士の会話を聞いていると、「食べても太らない」「お腹がすくからたくさん食べている」「甘いものが無性に食べたくなる」このような話を耳にします。

授乳中は、たしかにいつも以上にお腹がすきますし、いつもならば完全にカロリーオーバーで体重が増えるような状況でも、太るどころか体重が減少したりする事から、痩せたいけど食べたい!というような人には、夢のような期間です。

ですが、ここに大きな落とし穴がある事を決して忘れてはいけません。

食べても太らないということは、赤ちゃんが母乳から栄養を摂っているのでカロリーが分散されているのです。

その為、お母さんが食べたものは赤ちゃんに大きく影響します。

甘いものが大好きだからと、糖質・脂質を大量に摂取すると、今度は母乳がドロドロしてきて乳腺炎になったり、赤ちゃんの顔にニキビがたくさん出来たりします。

授乳中の正しい食事方法は、

・糖質・脂質の高いデザートはなるべく避けること(甘いものならば和菓子の方が良い)
・脂っこい食事は極力避けて、和食を中心に心がけること
和食
・暴飲暴食は避けて、必要以上には食べ過ぎないこと

以上の3点はとても重要となります。

授乳中のお腹が空くというのは、私自身も経験していますので、とても良くわかります。

そんな時は、私の場合助産師さんに相談して、アドバイスされた「おにぎり」を食べていました。

小さい2口くらいの丸いおにぎりを常に用意しておき、小腹がすいたら手を伸ばすというようにすると、不思議と甘いものが食べたいなどの欲求も減少して、母乳の出も良くなりました。

あなたも授乳中は食事に気をつけてくださいね。

それでも、なかなか食事にまで注意がいきにくかったり、不規則な食事になりがちな時は、酵素ドリンクを飲むといいです。
授乳中でも妊娠中でも安心して飲めるのが、優光泉酵素ドリンクです。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で耐熱酵母入りなので酵素も元気ですから、質が高い母乳になりますし、美肌にもダイエットにも腸内改善にもいいんです。