産後に腰痛がするのはなぜ?

授乳中や産後ママの悩み解決のコツ

MENU

産後に腰痛がするのはなぜ?

産後に腰痛がするのはなぜでしょうか?

女性は、妊娠中から産後にかけて腰痛に悩まされる方がとても多いと聞きます。

私自身もつらい腰痛に悩まされて、妊娠中と産後は本当に辛くて、自宅の階段すらも苦痛な時期がありました。

腰痛というのは、頭痛などのように鎮痛剤も効きづらく、接骨院や整体などに行っても即効性がなかなか得られるものではありません。

そもそも、なぜ女性は妊娠中や産後に腰痛が悪化するのかというと、まず妊娠中というのは急激な体型の変化に腰を痛めやすいと言われています。

次に、産後というのは出産で骨盤が開くことから、そのまま骨盤がずれてしまい腰痛につながるケースが多いのです。

それに、産後は赤ちゃんを常に抱っこするような生活になります。

いくら赤ちゃんは軽いといっても常に抱っこするような生活は、足腰に負担がかかりやすいのです。

では、産後も続く腰痛にはどのように対処したら良いのでしょうか。

まずは、出産してすぐから骨盤のケアをする必要があります。

出産で骨盤が開くのはほんのわずかですが、1ミリでも骨盤が開くと腰痛を発症するリスクが高まります。

骨盤を正しい位置へ戻してあげると、腰痛も少しづつ和らいでくるでしょう。

骨盤を矯正するには、接骨院などの骨盤矯正を利用する方もいますし、産後すぐの骨盤ベルトが有効だとも言われています。

中でも骨盤ウォーカーベルトが、腰痛改善にも良くダイエットにも良いです。

産後太りすぎたお尻や太ももやウエストなどを細くしてくれます。 

他にも、骨盤の体操やストレッチなど対処法は数多く出ていますので、お風呂上がりなどの体が柔軟なうちに毎日心がけるようにすると、腰痛も少しずつ良くなってくると思います。